【11月 北国フェア】岩手郷土菓子 がんずき

岩手の郷土菓子で、名前の由来は「寒食」とも「雁月」とも言われます。
卵や小麦粉の生地を蒸して作られる、いわゆる蒸しパンのようなものですが、
わが家のがんずきには卵が含まれていません。
元々は精製していない小麦や穀類を用いたため黒っぽい仕上がりになったのですが、
現在は黒砂糖を加えるのがポピュラーです。
わが家では素焚糖と醤油により風味と色を出しています。

昔懐かしい味で、クルミ入り。
もっちりしている中にクルミの食感があり、とても楽しく食べられます。

最新のフェアメニュー

過去のフェアメニュー

雄大グループ 採用情報サイト
お得なカラオケ二次会パック
WEB限定クーポン ルーム料金20%OFF
雄大グループ ポイントカード
ゆめーる
雄大公式LINE